学校概要

校長あいさつ




日本語学校の転換期。
「学ぶ」から「学びたい」へ


ミッドリーム日本語学校は1985年創立の東京都新宿区新大久保に校舎を構える日本語学校です。
開校より長い間、日本国内の高等教育機関への進学に特化して教育を行ってきました。

本校が教育する上で、大切にしていることは「学習に対する主体性」を身につけさせることです。
留学生活が成功するかどうかはこの主体性にかかっています。
勉強というものは、「嫌々やらされている」段階では良い成果を生み出しません。
「学びたい」と思ったとき、学習に対する姿勢が変わり、学問の本質が見えてきます。
そして、主体的に勉強に取り組むことで、学習効率も飛躍的に上がります。
また、主体的に取り組むことで、学ぶことのすばらしさと喜びを知ることとなるでしょう。

本校では、この主体性を身につけさせるために、「自立・自主・自助」という教育目標を掲げています。
この3つの「自」を成し遂げることで、学習に対する主体性が身につき、
それが学生の成長に大きく寄与することを確信し、日々の教育に取り組んでいます。


2019年4月
ミッドリーム日本語学校
校長 山田貴彦


定員数


890名

国籍比率

中国
90
ベトナム
3
ネパール
3
その他
4

自己点検・評価報告書